サンドウィッチマン、震災後に下した3つの決断 – お笑いナタリー

サンドウィッチマン、震災後に下した3つの決断 – お笑いナタリー

サンドウィッチマンが、明日11月1日(木)放送の坂上忍MC「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ・関西テレビ系)に出演。2011年3月11日、東日本大震災に被災したあと、彼らが下した3つの決断について語る。 (左から)サンドウィッチマン、坂上忍。(c)フジテレビ  震災が発生した日、宮城県・気仙沼市でロケを行っていた2人。番組では、その際に撮影された映像や関係者の証言を交え、坂上のインタビューに答えながら当時を回想する。そんな彼らの決断とは、義援金「東北魂」の立ち上げ、「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)特別番組への生出演、被災地でのお笑いライブ開催の3つ。震災の翌週に放送された「オールナイトニッポン」に関しては、何を語るべきか放送直前まで悩んだという。伊達が「今までの仕事で一番難しかったかもしれないです」と話す、その番組の冒頭部分が紹介される。 震災後初めて岩手県・大船渡市で彼らが行ったお笑いライブの映像も。震災からライブ開催までに1年以上の月日を要しており、サンドはその間の葛藤も振り返る。

サンドウィッチマンカテゴリの最新記事